家電は一度買ったら、なかなか買い替えることはないかと思います。
買い替えのタイミングは「故障」がほとんどなのではないでしょうか?そして、家電のほとんどの価格が万単位ですね。
冷蔵庫や洗濯機などの大物家電だったら、10万円単位で一度にお金がかかります。

やはり家電の買い替えで一時的に赤字になるなんてことは避けたいかと思います。

hannahlouise123 / Pixabay

 

家電の寿命はどのくらい?

一度買うと、そう直ぐに故障して使えなくなることはありませんが、予算を考える時にはやはり気になるかと思います。
大物家電の場合は7年から10年くらいの寿命ではないでしょうか?
家電の寿命についての公式なデータなども探してみましたが、見つかりませんでした。
我が家の場合、縦型の洗濯機は7年くらいで乾燥が出来なくなり、買い替えに至りました。
エアコンについては10年未満で一度部品を交換して、10年を超えてエアコンの効き目を感じなくなったために、買い替えをしました。
5年程度であれば、家電量販店などで購入する際に故障したときの保険をかけることもできますので、修理などで使うこともできますね。
7年を超えてくると、メーカーが持っている部品がなくなる製品も多く修理をして使うよりも買い替えが必至となりそうですね。

大型家電の場合はいざという時のために保険に入ることも考えてみて良いでしょう。

 

新製品の方が電気代がかからないことも・・・

冷蔵庫やエアコンは10年前の製品と比べると消費電力が少なくなっていて、電気代がかかりにくいといわれていますね。確かに冷蔵庫など私も家電量販店で確認したことがありますが、1か月の電気代が下がることはわかります。壊れるまで使うもモノを大事に出来て良いですが、電気代節約につながるのならば、壊れる前に10年を超えたら買い替えることを検討してみても良さそうですね。

家にある家電はいくつある?

家にあるモノを一つずつリストにしてみてはどうでしょうか?ちょっと面倒かとも思うかもしれませんが、一度作ってしまえばずっと使えるかと思います。

<キッチン>

・冷蔵庫
・食洗機
・電子レンジ
・オーブン

その他 ミキサーなど

<洗面室>

・洗濯機
・ドライヤー

<その他>

・エアコン
・サーキュレーター(扇風機)
・テレビ
・パソコン、タブレットなど

上記のように、書き出してみればよいのですが、書き出す時に1万円以下で買ったものは特に計画的に買うモノとしてリストに入れなくても大丈夫です。
エアコンは多くのご家庭で、何台もあるかと思いますので、台数の確認を忘れずにしておきたいですね。

あなたのお家の家電は全部でおいくら?

家電のリストアップをしたら、買った値段を大体で良いので、思い出しながら書いてみてはどうでしょう?
家電が多いと数十万どころか100万円近くなっていることもあるかもしれません。

例えば・・・冷蔵庫 15万円 オーブンレンジ 5万円 食洗器 5万円 といった具合に、キッチンだけでも20万円
この他、洗濯機15万 エアコン 3台分で20万 といったように計算していくと50万円くらいになります。
これらに加えて、パソコンやタブレットなども一家に一台または一人一台はあるようになってきます。
パソコンやタブレットの寿命も気になってきますね。

買い替えの予算を考える

家電のトータルの金額を改めて知ると驚きませんでしたか?
わかってはいるけど、いざ数字を見える化してみると、やはりそれなりに「こんなに?!」と思うと思います。
私も以前そんな経験があります。

ここで、一つ買い替えのための予算を考える時、今使っている家電の機能について考えてみてくださいね。

例えば、オーブンレンジでもオーブン機能をほとんど使っていなかったりすることもあるでしょう。
またオーブンレンジでも加熱水蒸気スチームオーブンが搭載されていることもありますが、実際使っているかどうか?というところを見直してみるなど。

エアコンもお掃除機能があった方が良いのか、無い方がいいのか、など・・・

使っていない機能があれば、予算は下がります。またその反対に、加えたい機能があれば、予算は上がります。
家電を一つ一つ見る時に、使っている機能かどうかを考えてみると、また予算の総額も変わってくると思いませんか?
是非一度、家族で話しながら予算について話してみてくださいね。

 

Skitterphoto / Pixabay

 

「家事と家計の苦手意識を克服する5つのステップ」(メールが5日間届きます)にご登録いただくと

「家電のお金見える化シート」をごプレゼントしています。

ご登録は↑をクリックすると登録ページが開きます。