暑さも和らいでくると、そろそろ衣替えをしようかな?と思いませんか?衣替えを一気にしようとすると、何時間も時間を確保しないといけなくて、億劫になっている人も多いのではないでしょうか?

 

ほしい 諦め

私と子どもの分だけでも何時間もかかるから一日作業になっちゃう

ゆめこ 諦め

こどもがまだ小さいから、邪魔されるかと思うと、なかなかやる気になれなくて・・・ついつい後回し


アサリー

衣替えを一気にしないでも、気が付いたら衣替えが終わっていた!となったら、嬉しくないですか?

 

衣替えが終わる前に洋服を買い足さない

被服費を節約するには、安易に買い足さないことをお勧めします。特に、衣替えをしていない時に洋服を増やすことは避けたいですね。

衣替えが終わる前に洋服を買い足してしまうと、次のようなことになりませんか?
・似たようなデザインの服が多い
 似たようなデザインのモノが好みであればある程度は良いのですが、似たようなデザインならば、数の管理が出来ているかどうかが確認出来るようにしておきましょう。

・トップスばかり、あるいはボトムスばかりなど偏りがある
 日ごろの着回しが何種類あるのか考えてみましょう。トップス、ボトムスのそれぞれの数も確認しておきましょう。

・同じ色のものが多い
色を決めて買い物をしているのなら、同じ色のモノでも良いですが、やはりどのくらいの数が必要か確認しておいた方が良いですね。

・せっかく買ったアイテムに似合う組み合わせが出来ない
 組み合わせが頭に思い浮かんで買うのならば良いですが、組み合わせが思い浮かばない時は買わない勇気をもつことも大切です。

・流行のモノが多い
ついつい値段が安いことを理由にかってしまうと、増えてしまいます。また、流行のモノは1年限りのモノが多いので、洋服が増えやすくなります。

必要なモノを知ってから購入する

洋服に限らずず、買い物で無駄遣いになってしまいがちなのは「必要なモノ」と「欲しいモノ」は違う点です。「欲しいモノ」は持っていなくても、良いかもしれないモノが案外多いものです。「必要なモノ」は「欲しいモノ」より数が少ないことも特徴です。被服費を減らしたい場合は「必要なモノ」に絞って、買っていくことで大きな節約効果が期待されます。

また、すぐに買わずに、一定期間色々なショップを見てから、買うのもおすすめです。ショップに足を運ぶことが難しければ、ほとんどのショップがインターネットでも商品のラインナップを確認できるので、ネットである程度確認しておくのも良いですね。

もちろん、どんなアイテムが必要なのか手帳やスマホのメモのアプリなどを使って、記録しておくこともおすすめです。出来るだけ、どんなものが欲しいか具体的にイメージできるように書いておくと良いですね。

例えば・・・色・丈の長さ・デザイン・どこに着ていけるモノが良いのか?など・・・

少なくとも色とアイテムが何なのかは記録しておきましょう。

毎日着替えるたびに、2,3着を確認

一気に衣替えをするのは大変です。私も一気にやろうとして、お片づけのマニュアル通り全部ハンガーに掛かっているモノを床においたことがありますが、これだけでも洋服が多いと重労働になってしまいます。洋服の数が多い人は、先ず毎日1週間から2週間くらいかけて、1日1回または2回3着ずつ見直していくのがオススメです。

その前に、大事なことはクローゼットの中または、周りに衣替えのための仕掛けを作っておきます。
仕掛けと言っても簡単です。見直した服の行き先を作っておくだけです。

行き先の作り方は

着るかどうか迷う服を掛けておく、ハンガースペース 一時的なので、30センチから50センチくらいのスペースを空ける
着ない服を捨てるゴミ袋
着ないけれど売りたいものを入れる 紙袋や使っていない大きめのエコバッグ (売りたい・譲りたいを場所の数だけ袋を用意する)

袋やハンガースペースを用意しておけば、毎日洋服を着たり脱いだりする時に、数着見直していくだけなので、数時間の時間を確保するより簡単です。毎日コツコツやることで、衣替えが進んでいきます。

着る服については、見やすい位置に戻しましょう。もちろん、トップス・ボトムス・ワンピースなどわかりやすく分類しながら掛けていきましょう。

 

衣替え前に買うのなら、写真をスマホに撮っておく

どうしても、衣替え前に洋服を買いたいと思うのなら、クローゼットの中や引き出しの中を写真に撮っておきましょう。お店でほしいアイテムが見つかっても、先ずはスマホに保存された写真を見てみみると良いですね。そして、増える枚数の分、持っているアイテムを減らせるのかも考えてみると、本当に買うべきものかどうかも判断出来るようになりますよ。

セール前にも、「必要なもの」を決めずに、ショップに足を運ぶ場合は是非、しておくと良いでしょう。

 

終わりに

最近は衣替え不要なように全ての衣類をウォークインクローゼットなどにして収納している方も多いかと思います。それでも、季節の変わり目で、着る洋服が変わってくるときには、クローゼットの見直しはしておいた方が、気づいたら、クローゼットがいつの間にかギュウギュウになっていた、という状態にならずに済むかと思います。ハンガーの数を決めておく、一つ増えたら、一つ減らすなど、押出式といったイメージで、管理できるようになると、何年も着ていない洋服をとっておくこともなくなりますね。

衣類の収納スペースは出来るだけ、使うモノだけを収納するようにしておくと、いつもスッキリした状態を保つことが出来るでしょう。何があるかわからないと、同じものを買いやすくなるので、気を付けておきたいですね。

たまたま空いた時間でショップをちょっとのぞくこともあるかもしれません。衣替えが終わっていないのなら、空いた時間はカフェでお茶でも飲んだ方が無駄遣いは減るかもしれません。ラテマネーが増えることも心配かもしれませんが、被服費は場合によってはプチプラでもラテマネーの2倍から3倍はしますよね?本当に欲しいモノだけを買った方が、クローゼットもすっきりして、管理もしやすく、家事の時間も減りますよ。