喜びあえる七五三のお祝いの気になる費用の色々

子供の成長を願う七五三
記念に写真だけを早めに撮影して残しておく方も多くなってきましたね。
実際、どんな感じでお祝いするのが良いのでしょうか?

七五三ってどんなことをすればいい?

お祝いする男の子と女の子年齢で違います。3歳は男の子も女の子もお祝いしますが、5歳は男の子、7歳は女の子です。兄弟姉妹で一緒に七五三のお祝いが重なることもあるかもしれません。

 

・神社に行く
・写真を撮る
・祖父母と会食

たいていこの3つのことをすることが多いですね。でも、1日のうちに全てをしなくても、最近は写真だけ先に写真スタジオで撮影しておく場合も増えたように思います。時期がちょっとずれると、写真店では早割サービスなどを実施していて、ちょっとお得に撮影できる場合が増えてきたからです。

前撮りをしても、11月に神社にお参りに行くときにまた衣装を借りることができるサービスもあるようです。一つの行事で2回楽しめますね。

 

 撮影代とか着物代も色々

多くのところでは、着物のレンタルは無料です。また、何度着替えをしてもレンタル無料の場合もありますね。また、撮影日や参拝日の選び方によっては、料金がちょっと変わったりします。当然人気のある日にちは値段が上がりますし、平日など比較的空いている日を選べば料金はお手頃になるでしょう。

七五三の撮影費用は、5万から6万年程度が一般的

衣装についてはレンタルと買う場合とで大きく変わります。レンタルだと1万円前後ですが、購入となると1万円くらいから10マ年くらいまでと値段に幅が出てきます。また、女の子の場合だとメイクやヘアセットなどで更に5,000円から10,000円かかることもあります。ただし、写真スタジオでは撮影するとメイクやヘアセット代は無料になっているところもありますね。

 

初穂料(神社での祈祷のお礼)

神道では初穂の代わりとして納めるお金のことを初穂料(初穂料)と言います。「初穂」とは、その年の最初に収穫されたお米のことです。古来より、神様に祈りを捧げる儀式では農作物を供え物として奉納されてきました。もともとはお米でしたが、今ではの宇久作物のことを言うようです。

参拝する神社によって初穂料は異なります。金額は神社で決まっていますので、参拝する神社の初穂料をあらかじめ調べておくと安心です。初穂料は5,000円から10,000円くらいかかります。

 

祖父母と食事会

子どもの成長を願ったお祝いごとですので、食事会も是非アレンジしておきたいところかと思います。それでも、人数が多いですので、それなりに費用もかかります。どこかの飲食店を予約するか、自宅に招いて食事をするかは、みなさん色々かと思います。参拝の後に食事をしようとすると、確かに準備は大変になりますし、仕出しのお寿司やケーキなどの甘いモノも買うとなると、もしかしたら飲食店で食事会を開いた方が準備の時間もほとんどかからず、楽かもしれませんね。あらかじめ、1人あたりの食事代の予算を決めておくと良いでしょう。「食事代を祖父母が払ってくれる」というケースもあるようですが、最初から「払ってもらうつもり」でいるよりは、きちんと食事代も準備しておきましょう。七五三は子どものお祝いなので、親が基本的な支払いは準備しておくことがマナーのようです。
価格を抑えたいと思えば、大人2,000円程度、子ども1,500円程度くらいを目安に、価格でお店を決めるということもできます。神社の帰りなどに食事会をすることを考えれば、移動の距離も考えて選ぶといった気遣いも必要です。
日にちに余裕があれば、どんな会にしたいのか、何を食べて家族で楽しく会食したいのか?食事会の具体的なイメージをもって予算を考えることもできます。無理のない範囲で予算を立てて、計画的にお金を貯めていくのも良いですね。

 

お祝いとお祝い返し

祖父母や親せきから七五三のお祝いを頂くこともあるでしょう。お祝いを頂くと「何かお返しをしなくては?」と考えがちですが、基本的にお祝いの「お返しは不要」です。

もし、お返しをする場合は手ごろな物で良いでしょう。また、金額はお祝いの金額の3分の1から半額程度が一般的です。あまりお祝いのお返しで何を送ろうか悩まずに、あらかじめどんなものにするか、アイディアを出しておくのもおすすめですよ。

 

産まれた時からちょっとずつ計画していく

一回の七五三で必要な金額は撮影料だけでも5~6万円が相場ですし、初穂料も1万円前後かかります。産まれた時から、毎月2,000円から3,000円程度、七五三の準備金として用意しておくと「お金がない」と慌てずに済みそうです。ボーナスがある場合は、毎回5,000円から1万円程度準備しておくという方法もありますね。

お子さんの成長を祈るお祝いですから、大人も子供も気持ちよく楽しく、よい思い出になりますように!