インフルエンザの予防接種、受けますか?

そろそろ予約が始まる時期になりました。
昨年はインフルエンザが長引き、予防接種の効果が切れた時期でもインフルエンザにかかる場合も数多くあったように思います。
受験生のいるご家庭ではインフルエンザの予防接種を受ける方、多いかと思います。普段はインフルエンザの予防接種をしないけれども、受験の時は「特別」と思っている方も多い印象を受けます。

予防接種を受けたからと言って、その年インフルエンザにかからないということもないようですので、接種した方がいいかどうかは、個人の判断によるのではないしょうか?

 

 

予防接種を受けても、インフルエンザにかかることも?!

最近は初期症状でインフルエンザかどうかを診断するキットもありますから、早めに病院に行けば早く治療できるために、受ける人は減ったのかな?と個人的には思います。また受けようとしても、ワクチンが不足していると、病院に行っても予約すらできないこともあります。

インフルエンザの予防接種を打ったからと言って、100%かからないということではないです。但し、かかりにくいという確率はある、といったところでしょうか?実際我が家も毎年受けていますが、昨年は家族3人の中、時期を

別にして2人が感染しました。確かに、高熱が出てすぐに病院での診察を受けたので、熱の下がりが早かったのかもしれませんが、あくまで個人の感想です。

インフルエンザの予防接種は「重症化を防ぐことを目的」としているので、かからないということが目的になっているわけではないので、きちんと予防接種の内容を理解しておいた方が良いでしょう。

 

保険適用外・医療費控除の対象ではない

予防接種ですので、保険適用外・医療費控除の対象ではないので、領収書をとっておいても確定申告は出来ません。インフルエンザの予防接種は、全国平均で3,500円となっています。大人は1回の接種ですが、子供(13歳未満)は2回接種します。となると・・・夫婦2人でも、7,000円、子供一人につき7,000円かかりますので、子育て世帯は1万円以上の出費が予想されます。

家族で効果なども確認しあって、受けるのならば、予算を立てておいた方がいいでしょう。
また、健康あっての毎日ですから、インフルエンザの予防接種を受ける受けないにかかわらず、健康管理はきちんとしておきたいですね。

 

*医療費控除の対象になるのは「治療」です。インフルエンザの予防接種はその名の通り「予防」なので、医療費控除の対象になりません。