価値を感じるお金の使い方

「お金を払った割に満足できなかったな・・・」と感じることはありませんか?

もしも、そう感じているのなら、家計の見直しと共に
お金の使い方を見直すことも家計相談ではできます。

 

例えば・・・次のようなことがあげられます。

100円ショップでは100円だからを理由に買わない

なんでもそうですが、100円でもきちんと100円以上の価値を
感じられなければ、お金を使うことに意味がないかな?と
思います。

我が家のキッチン雑貨には100円ショップで購入したものが
いくつかあります。

その中では、3年以上壊れずに使い勝手も良いモノがいくつかあります。
100円ショップで購入したのに、何年も使えるという優れものです。

逆に、100円だからを理由に買っていると、損をしてしまうものもあります。
特に、工作で使う粘土や文房具の紙類は気を付けています。

紙粘土系の粘土はすぐに使う分しか買わないようにしています。
というのも、いつでも使えると思って、ストックしておくと
気づくと乾いてしまって、使うことが出来ません。

これでは、いくら100円で買っても意味がないです。
たまに行く100円ショップだからと多く買いすぎるのは
やめるようにしています。

また、紙類などの文房具も同じです。
例えば、マスキングテープ。
100円ショップのマスキングテープだと、
1年以上経ってしまうと、使うことが出来ないモノが多いです。
もちろん、100円ショップではなく、数百円のマスキングテープでも
1年以上経つと使えないモノもあるのですが・・・

100円を払って、ホントに買わなくてはいけないマスキングテープなのか
どうか、きちんと考えた方が良さそうです。

付箋などもたくさん使うからと思って買っても
意外と残っていませんか?

メモ用紙も同じことが言えます。

また、きちんと紙質を確認しないと
書き心地が悪かった、などと言ったことを理由に
使うのをやめてしまうこともあります。

買う前に、良いサイズ感やデザインだと思っても
何に使うのか?
モノの質として、自分が使いやすいものなのか?
置く場所はどこなのか?

などといったことを考えた方が良さそうです。

もちろん、100円ショップに限らず
使えなければ意味がないことはたくさんあります。

また、サービスに対して、お金を支払う場合も
同じことです。

例えば、美容室でも1000円カットで良いのか
それともオーガニックのシャンプーなど
髪質を悪くしないことを考えていて
好みの髪型にしてくれるちょっと割高な美容室が
いいのか?など美容室を一つとってみても
お金の使い方が違います。

きちんと、自分の目的に適ったお店を選んでいると
お金の価値を感じるお金の使い方になるのでは
ないでしょうか?

 

 

もちろん、問題はまだ他にもあります。

「収入内で収まる支出になっているかどうか?
ココが一番大切です。

生活の満足度と支出のバランスをきちんと
とっていくことが大切です。

無理して節約はしない
値段ばかり気にして買い物をしない
常に質で満足できないことが多い

 

といったことを避けて
ライフスタイルを考えることをご提案しています。

 

そのためには、理想の生活をはっきりと描き出すことが大切です。

一人だとなかなかできないことも
色々とお話しながら、考え方をまとめていくと
心地よい暮らしとお金の使い方を手に入れることができます。