プロローグ いつもご機嫌ですか?

ホントは何も知らなかった家事も家計も

出来ないって言えないけど、知らないからムリ

出来なくてもなんとかなるのは気づいてないだけ

見える化すると現実を知る

 

PART1 24時間有効に使う工夫

時間を見える化って時計だけじゃダメ?

やりたいことをいつするかは自分しか決められない

やりたいことを見える化

年間スケジュールを作る

月間スケジュールを作る

曜日スケジュールを作る

特別な日はいつ?

家族みんなが揃う日は?

1人でいる日は?

 

PART2 未来の時間を見える化していく

過去のことはとりあえず、忘れる

ステップ1 月の予定を全て書き出す

月の目標を決める

3つの目標が出来れば、それでよし

2 1日のスケジュールを知ろう

毎日することのそれぞれの時間を知っていますか?

3 休む日、時間がどのくらいあるかをチェック

4 何もしない日や時間があることがゆとりをつくるポイント

1カ月の予定が立ったら、毎日、イメトレ

手帳時間を必ず決める

上手くいかないのは、何か無理があるから?

やる気がなくなる前に、思い出す

 

PART3 お金をダラダラ使わないコツ

お金は苦手って思わない、知れば良い

お金と向き合わないと振り回されない?

電車やバスに乗ったら、いくら使ったか知ってる?

予定に合わせて必要な金額を知る

使ったお金を簡単に把握する

年間に必要なお金を知る

年払いでちょっとだけお得になるよう仕組みを作る

家族で価値観を合わせる大切さ

 

PART4 自分だけで頑張らない

頼ることをしなければ、自分をいじめているのと同じ

頼れない理由って、なんだろう?

家族が参加しやすい家事の段取り

家電だって味方につければ、時間もお金も心のゆとりもできるもの

ゆとり時間を作ったら、やりたいことリストを見る時間

お金と向き合う時間を作る工夫

仕組みが出来れば、あとはたまに確認すれば大丈夫

時間を守るようになることで、お金の無駄も減ってくる

 

 

<コラム>

書類はすぐに処理することが一番

 

「理想は無理」と思っていたけどできたこと

出していて当たり前と思っていたものをしまう

 

子供に就学時に「必ず守って」と伝えたこと

 

不快な「あるある」をあきらめない